おばあちゃんが孫のためにかける学資保険は注意が必要

標準

学資保険は親が子供を被保険者として契約するケースがほとんどですが、必ずそのようにしなければならないわけではありません。中には、おばあちゃんが孫の将来の教育資金を積み立てるために学資保険に加入するケースも存在します。現代のおばあちゃんとおじいちゃんの世代は、その子供にあたる親世代よりお金に余裕がある人が多く、あまり家計に余裕がない親に代わって保険で返ってくる比率の高い学資保険に契約し、子供の将来に備えるといったことが多くの世帯で行われています。

おばあちゃんが孫のために学資保険に加入する場合には、いくつか注意が必要な点があります。例えば、親が加入する場合と同様に、持病があると保険加入が認められない可能性がありますが、持病がなく、保険料を支払いきれるだけの経済力があったとしても、年齢制限に抵触していれば加入することができません。学資保険の契約者の年齢の上限は50~60歳の間で設定している生命保険会社がほとんどであるため、50代以上で孫がいると選択できる保険商品の幅が狭くなります。

また、保険への加入が認められても、払込免除の適用対象外とされる場合があります。おばあちゃんが保険の契約者となると、親世代の人達と比較して保険料の払い込みがあまり進まないまま亡くなる可能性が高く、払込免除をそのまま適用すると、少ない積み立てのまま被保険者に保険金を支払わなければならなくなり、生命保険会社は損をする結果になってしまいます。生命保険会社も一定の収益をあげなければ経営ができないため、保険加入申込者が高齢だった場合は、払込免除を認めない条件で加入を認める方針をとっている所が多いです。