総量規制とは?年収との関係は?

標準

総量規制とは貸金業法によって定められている貸金業者が行う融資額の制限のことです。
具体的な制限としては「年収の1/3まで」と設定されており、例えば年収の額が300万円であれば100万円まで融資をしてもらうことができるわけです。
注意点としてはまず「あらゆる貸金業者を合算したうえで上限とする」という部分が挙げられます。
例えば年収300万円の人がA社に初めて融資の申込をする際、A社は初めて申し込むわけですから当然債務額は0円です。
そのため100万円まで借りられるようにも見えるのですが、仮にB社から50万円、C社から50万円の合計100万円を借りていた場合には総量規制によってもう融資を受けられないといった形になります。
ここは案外見落としやすいポイントであるため、融資申し込みを行う際には必ずチェックしておくべきでしょう。
また「総量規制とは貸金業法によって定められる制限である」ということもチェックが必要です。
現在カードローンやキャッシングで融資を受けられる業者には貸金業者と銀行系業者の二種類があり、銀行系業者の場合は貸金業者として登録されているわけではないため総量規制の対象外となります。
「銀行が運営しているカードローンであれば総量規制に関係ない」と覚えておけば差し支えはないでしょう。
ただ総量規制が関係ない分、銀行は審査の際により信用を重点的にチェックする傾向があるというのも覚えておいてください。
総量規制とは | 貸金業法についてはこちら